「オファーがあれば即OK!?」黒木メイサが仕事を選べなくなった裏事情

女優・黒木メイサの芸能事務所は、黒木メイサと堀北真希を“2トップ”としていたが、黒木メイサは、2012年2月に、当時ジャニーズ事務所・KAT-TUNの元メンバー「赤西仁」とデキちゃった結婚した。

その結果、出演していた大手自動車メーカーのCMが放送中止になり、ドラマや舞台の仕事も飛んでしまい、事務所は数億円の損害賠償を請求され甚大な被害を与えた。

その後、桐谷美玲が頑張って稼いで損失補てんした過去があります。

日刊サイゾーの芸能デスクが言うには、黒木メイサは、業界で“凄腕”として知られる事務所の女社長の怒りを買い、「今後は仕事を選ばず働くことを約束させられてしまった。」と語る。

そのあとに、「女社長が自ら口説いて事務所に入れた元KARAの知英(ジヨン)を現在、ゴリ押し中で知英には良い仕事を契約してくるらしい。」と続けた。
黒木メイサ=“クールビューティー”のイメージを存続することができない状況に追い込まれてしまった状態。

このイメージを一転し、今回、9月22日スタートのNHK総合『デザイナーベイビー』で黒木さん演じる速水刑事は「頭はキレるが、体は重い」という設定で、妊娠8カ月の役。

desinerbaby
『デザイナーベイビー』とは、遺伝子操作を行なうことによって、親が望む外見や体力・知力等を持たせた子供のことで、生殖医療の最前線に切り込んだ作品。
黒木さんのイメージではないですが、いつまでも“クール”って訳にもいかないでしょうから、この主演でイメージチェンジして、事務所に恩返しできる女優になれるか!?

NHKドラマ「デザイナーベイビー」の主題歌に清水翔太の新曲が決定

コメントを残す