【北斗晶】退院、リンパ節への転移も明かし「5年生存率は50%」と告白

9月24日に「乳がん」の手術を受けた元女子プロレスラーでタレント・北斗晶(48)が3日、病院を退院した。
hokuto_004

埼玉県吉川市の自宅兼事務所「健介オフィス」で会見。
hokuto_002

癌は脇のリンパ節にも転移していたことを明かし、「5年生存率は50%」と告白した。ステージは「極めて3に近い2のB」だったといい、リンパ節の腫瘍も取ったため、「右脇の感覚はまったくありません。冷たい、熱いなど(も分からない)」と説明。
hokuto_005

今後は10月下旬から約半年間、抗がん剤治療を行った後、放射線治療など段階を踏んで治療していく。
夫で元プロレスラーの佐々木健介(49)も全面サポートすることを誓っていた。
hokuto_003

5年生存率(5ねんせいぞんりつ)とは、疾患の予後を測るための医学的な言い方で、主として癌について用いられ、診断から5年経過後に生存している患者の比率を示す。

女性の乳がん罹患率は、30代から増加し、45歳~49歳がピークです。乳がんは、早期発見・早期治療で治る可能性が高い病気です。早めに定期的な検診を受けましょう!

2 comments to this article

コメントを残す