[エンジェル・ハート]槇村香との別れ、香瑩(シャンイン)との出会い。10/11放送#1まとめ

10月11日にドラマ[エンジェル・ハート]実写化が放送スタートしました。放送終了後のTwitterなどで絶賛コメント続出でしたね。

angelheart_2
日曜日の22:30~の放送なので、見逃してしまった方もいると思います。1話をザックリまとめてみました。
関連情報:「エンジェル・ハート」初回視聴率12.5%の好評スタート※相関図&キャスト


angelheart1018012
●冴羽リョウ(上川隆也)からプロポーズを受けた槇村香(相武紗希)は、本名も戸籍も無いリョウとは法的に結婚することはできない。せめて、ウェディングドレスを着て2人で記念写真を撮りたいと願いながら結婚式場のドレスを眺めている香。


angelheart1018010
●その気持ちを受け止め、絶対にタキシードを着ないと決めてたリョウだったが、白いタキシードを着ること決意したことを伝える。


angelheart1018004
●撮影当日、写真屋に向かう香の目の前に飛び出す子供の姿を発見。自らを犠牲にし、子供を救ったが香は帰らぬ人になった。


angelheart1018011
●香はドナー登録を希望していた。

angelheart1018013
●香の心臓は病院から持ち出され行方不明になった。


angelheart1018017
●香の心臓が見つからないまま。1年が経過した。


angelheart1018015
●失意のどん底にいたリョウは、シティハンターとして仕事をする気力も無くしていた。リョウは誰かに移植され、その誰かは今も元気で生きているということを確信し始めていた。しかし、その誰かを見つけることはできないでいた。


angelheart1018014
●香の心臓を盗んだのはある組織(秘密結社レギオン)だった。レギオンは、両親がいない子供に暗殺者としての教育を受けさせることで最強の殺人鬼を作り出す組織だった。


angelheart1018018
●秘密結社レギオンで殺人鬼として教育された子供には名前は無く、コードネームが付けられる。一人の少女(香瑩)は「グラスハート」と呼ばれていた。彼女は、史上最強の暗殺者と言われており、数々の仕事を完璧にこなしてきた。しかし、その運命と任務に絶望して自殺を計る。


angelheart1018016
●秘密結社レギオンは、凄腕の暗殺者である香瑩(シャンイン)を失うことは不利であると判断し、香の心臓を移植することで、香瑩を再びこの世に呼び戻すことに成功したが、逃げられてしまう。


heart_enjel016
●組織から逃げた香瑩は、自分の心臓の鼓動が導くまま、香瑩は香の思い出の地の新宿にたどり着いた。そして、冴羽リョウに出会う。


angelheart1018019
●香の心が宿った香瑩(シャンイン)は暗殺から逃れようとするが、秘密結社レギオンから命を狙わる。その時、知らないはずの始末屋・シティーハンター(冴羽リョウ)への合図である「XYZ」を残す。


angelheart1018006
●リョウと一緒に組織に立ち向かう。


angelheart1018003
●心臓移植後の香瑩(シャンイン)はリョウの信頼する花園診療所に入院し、ドク(ミッキーカーチス)に香瑩の面倒をお願いした。


angelheart1018008
●香瑩と同様、組織を抜けた劉信宏(リョウ シンホン/三浦翔平)はリョウの計らいで、同じ街で生活することになった。


angelheart1018009
●秘密結社レギオンに育てられた香瑩(シャンイン)は、まだ本当の自分の名前を知らない。「香」の心臓を移植した女性は「香瑩」。


⇒2話へ
enjel_heart002
そして、香瑩は、ドク(ミッキーカーチス)から、冴羽リョウがシティハンターになった経緯を聞く。それは香と冴羽リョウとの出会いの歴史であり、ある悲しい過去の物語でもあった。