【整形しすぎ芸能人】[釈由美子]目頭切開~顔面崩壊まで“いじり過ぎ”

整形、豊胸の噂が多い、有名人をピックアップして、デビュー~現在までの「顔変化」を年齢順にしてみました。
syaku
整形疑惑、整形決定、劣化、フォトショ?さて本当のところはどうなんでしょう?

釈さんだけではなく、芸能人だから「目頭切開でパッチリ二重」「鼻筋通すプロテアーゼ」「アヒル口にするヒアルロン酸注入」くらいは多少しょうがないですが、もともと美人なのに残念に思うファンの方もいるのでは!?
tigai_002
整形を繰り返し、今では完全に崩壊していると噂されています。目、鼻、顎、胸に関しては数回はやっちゃっているように見受けられます。
関連情報:美容整形の種類と方法[二重まぶた・目もと]
◆今回の美女:釈由美子
現在の画像(2015年11月)
2015_1

名前:釈 由美子
しゃく ゆみこ
本名:釋 由美子
生誕:1978年6月12日(37歳)
出身:東京都清瀬市
身長:164 cm
血液型:B型
スリーサイズ:B85・W58・H84
所属:トミーズアーティストカンパニー
実業家でもあり、元グラビアアイドル

釈由美子さんは、整形のやり過ぎか?年齢には逆らえない劣化なのか?メイク術か?はたまた最先端のフォトショなのか?さて、どの辺りで「顔面破壊」「豊胸」したと思いますか?

◆顔変形履歴
これからデビュー当時から現在までを活躍したシーンに合わせて年号順に並べました。
syaku_001
●小学生
syaku_002
●中学生(14歳)
1999_3
初々しいです。
1998
●短大在学中に漫画雑誌 『週刊ヤングマガジン』の「Missキャンパスグランプリ」へ。
1999_01
キリッとした目が印象的です。

1999
1999_1
●1999年1月「シレーヌ―」写真集
2000
●2000年10月「BUNSINラブソング」をリリース。
2001_2
●2001年『修羅雪姫』で映画初主演したほか、5月にはzetima移籍第1弾シングル発売。
2002_4

●2002年BREAK QUEENに選ばれドラマ、映画に出演決定!
2002_6
●2002年 映画 『ゴジラ×メカゴジラ』に主演(24歳)
2003
●2003年に頬が少しこけてシャープになりました。
2013_02
●2003年 テレビドラマ 『スカイハイ』に主演。
2003_03
今の釈さんにグンと近づきました。
2003henka
関連情報:美容整形の種類と方法[鼻を高くする・鼻全般]
2004_01
2004年~2008年にかけて、顔全体が変化していきます。

2004
この辺で、顔いじりを止めないと整形依存に・・・
2006_1
少し顔がこわばっているようにも見えます。
2009_1
●2009年2月「釈ビューティ! 」(美人開花シリーズ)
2012_8
●2012年2月芸能武道十二騎神道流の昇段試験に合格。道士初段位となり黒帯を獲得。2012年8月「I am」写真集
2012_1

2011
目が大きくなり、鼻筋もすっと通って、アヒル口になりました。
関連情報:美容整形の種類と方法[口もと(口元)・唇]
2013_1_03
●2013年1月5日、新潟県のスキー場で、NHK『首都圏スペシャル』の収録中、初挑戦のバックカントリースキー中転倒。左足(外くるぶし)骨折と左ひざの靱帯損傷で全治2カ月のケガを負う。
default_f70d61971834589582ce54f081885431
mune2013
豊胸の疑いが・・・デビュー当時から比べるととても育ってます。
nune_002

2014_2
●2014年には目がこぼれそうです。
2015-2
●2015年10月10日にレストランなどを経営する実業家と結婚。お幸せに♪
妊娠後_釈由美子
●結婚後、妊娠してからメンテナンスが出来ないせいで顔が変化した!?何て噂もありました。
釈由美子_20160610
●2016年06月10日:結婚後、妊娠され色々な不安や心配を乗り越えながらもうすぐママになります!
釈由美子_20160720
●2016年7月20日:出産後、お尻や太もも周りが一気に太くなったらしく、骨盤矯正にお出かけ。そろそろ自分磨きもスタートかな?まだまだ子育て奮闘記は続くようです。
釈由美子_子育て20160720
関連記事:【整形しすぎ芸能人】[広瀬香美]目頭切開~顔面崩壊「原形がない別人」
%e7%86%9f%e5%a5%b3%e8%8b%a5%e4%bd%9c%e3%82%8a%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%80%85%e3%81%97%e3%81%84_%e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d%e3%82%a4%e3%83%ab
関連情報:【やりすぎ芸能人】熟女芸能人“若作りが痛々しい”オバサンなんて言わせない!