【会津VS房総】旅のプロがお勧めする「福島」と「千葉」の旅2/28放送

2月28日の「極上・旅のススメ」は会津VS房総対決!!旅のプロがお勧めする極上の旅をご紹介します。
極上のススメ
さて今回の旅は、どちらが視聴者の心を掴むのか!?

旅の情報を知り尽くす旅雑誌の編集者が『癒しの旅』というテーマに沿って旅プランを作成。
西村和彦と国生さゆり
福島県・会津で『1泊2日1万5千円の絶景旅』を巡るのは西村和彦さんと国生さゆりさん
鈴木砂羽と中川翔子
千葉県・房総で『大人の女性のための癒しと若返りの旅』を体験するのは鈴木砂羽さんと中川翔子さん
◆旅の進行
旅のススメ
テレビ朝日アナウンサー竹内由恵とMC・草野仁

◆海外旅行誌地球の歩き方がお勧めする極上の『福島県・会津』
地球の歩き方
●旅人:西村 和彦
西村和彦

名前:西村和彦
にしむら かずひこ
本名:西村 和彦
生誕:1966年8月21日
年齢:49歳
出生:京都府京都市伏見区
身長:175 cm
血液型:O型
配偶者:立原麻衣(1996年-2005年1月)、書道家の國重友美(2006年5月-)
所属:ソニー・ミュージックアーティスツ

●旅人:国生さゆり
国生さゆり

名前:国生 さゆり
こくしょう さゆり
本名:國生さゆり
生誕:1966年12月22日
年齢:49歳
出生:鹿児島県鹿屋市
血液型:A型
所属:ソニー・ミュージックアーティスツ

会津_鶴ヶ城
まずは鶴ヶ城へ!!
会津_七日町駅
会津鉄道会津線の会津若松駅のひとつ手前が七日町(なぬかまち)駅。
会津_渋川問屋
七日町通りの建物は、いくつかが会津若松市歴史的景観指定建造物となっている。当然ここ「渋川問屋」も認定されている。
会津_末廣酒造
会津の銘酒を堪能したい人は「鶴乃絵酒蔵」へ
会津若松の末廣酒造の地酒ゼリー
会津若松の末廣酒造の地酒ゼリーに西村さんもビックリ!
会津_純米大吟醸ゆりドレス
・母子杜氏の手による優しい味の辛口「純米大吟醸 ゆりドレス」は瓶も綺麗で、お土産にぴったり!
会津_パパカルド
会津野菜が沢山入っていて、雪下キャベツが美味しい「パパカルド」
会津東山温泉原瀧
宿泊は、会津東山温泉「原瀧」江戸時代の町並みを今に残す宿場「大内宿」
鶴我_馬刺し
夕食は「鶴我」の馬刺しを味わう
飛露喜
その後は地酒の「飛露喜」
会津_わっぱめし
秋田県大館市で制作される大館曲げわっぱは1980年(昭和55年)に伝統工芸品に指定。杉や檜の木を曲げて作る曲げわっぱに飯とおかずを入れて蒸し上げる「わっぱめし」
会津絵ろうそくまつり
「会津絵ろうそくまつり」伝統的な会津の絵ろうそくを一本一本立てていくお祭りなんですが、その数が多く、さらに絵ろうそくのまったりとした灯りに観光客が虜になっています。

◆女性ファッション雑誌ガイドシュシュアリスがお勧めする極上の『千葉県・勝浦』
シュシュアリス
●旅人:鈴木砂羽
鈴木砂羽

名前:鈴木 砂羽
すずき さわ
生誕:1972年9月20日
年齢:43歳
出生:静岡県浜松市中区
身長:164 cm
血液型:A型
所属:ホリプロ

●旅人:中川翔子
中川翔子

名前:中川 翔子
なかがわ しょうこ
愛称:しょこたん
生誕:1985年5月5日
年齢:30歳
出身:東京都中野区
血液型:A型

勝浦タラソテラピーリゾート
タラソテラピーリゾート「テルムマラン パシフィーク」でタラソテラピーを体験!!
タラソテラピーリゾート
豊かな自然環境の中で培われたタラソテラピーは、“健康・美・癒し”のすべてに働きかける自然療法です。
勝浦_古民家
宿泊する宿はゲストハウス・古民家の宿、どてらを来てみんなで豚シャブを頂きまました!
勝浦_ぴよぴ庵
勝浦の新しいスイーツ「ぴよぴ庵」の極上プリン
シェークスピアカントリーパーク
シェイクスピア・カントリー・パーク
白間津のお花畑
南房総市白間津(しらまづ)の白間津のお花畑でお花摘みを体験します。
章姫あきひめイチゴ_002
たんぽぽ農園でイチゴ狩り♪「章姫(あきひめ)」は甘くて美味しい!
h1h4
◆ちなみに、千葉の旅にはピッタリの「春の千葉観光ガイドブック2016WEB版」新しい発見につながる千葉の見どころや美味しいグルメ、おススメのおみやげなどをたっぷり紹介!
旅のススメ投票
視聴者の方には“どちらの旅に行きたいか”テレビリモコンの色ボタンを使って生投票して頂き、多数派に票を入れた視聴者の中から抽選で10名様に3万円の旅行券をプレゼント。
今回の「会津VS房総」旅プランはコチラ⇒★極上★旅のススメ
旅のススメ_0220
関連情報:【冬の今だからこそのオススメ旅】旅のプロがお勧めする「熱海」と「札幌」の旅2/21放送

※当サイトは、番組の公式サイトではありません。実際の番組内容と異なる場合がございます。

One comment to this article

コメントを残す