人生の楽園~郷土の味 凪のてらす仲~[新潟・村上市]8/27放送

8月27日の「人生の楽園」は、さまざまな特産品や伝統文化が残る新潟県村上市が舞台です。
人生の楽園0827_サムネイル
郷土の味が楽しめる民家レストラン「凪のてらす 仲」を営むご夫婦が主人公です。

◆人生のナレーション
人生の楽園
西田敏行と菊池桃子でお送りする人生の楽園ドキュメンタリー始まります。
◆主人公
板垣和子_板垣純一
日本海を望む民家レストラン「凪のてらす 仲(なか)」を営むに板垣和子さん(64歳)と夫の純一さん(64歳)
◆今回の舞台:新潟県村上市
若林家住宅
重要文化財 若林家住宅は、二百数十年前に建てられた住宅で東日本で数少ない中級武士の武家住宅。
霊樹山耕雲寺
村上市門前の寺院・霊樹山 耕雲寺は、応永元年(1394)に傑堂能勝禅師が開かれた寺で、傑堂の師の梅山聞本禅師を開祖としています。曹洞宗寺院の名刹です。

村上では古くから三面川(みおもてがわ)の鮭を『イヨボヤ』と呼んできました。
村上の鮭
村上の鮭の歴史は古く、平安時代には遠く京都の王朝貴族に献上されていたことが記録に残っています。
新潟県荒川
水質に輝いた清流「荒川」は、「新潟県の名水」であるとともに、環境省の「平成の名水百選」にも選ばれており、平成19年からサケ釣りが実施されています。
◆きっかけ
新潟県村上市
村上市の山間部で育った板垣和子さん。
結婚01
25歳の時に、村上市の海沿いにある碁石地区出身の板橋純一さんと結婚し、碁石地区に住むことになりました。
郷土料理のっぺい
碁石地区で近所のお婆ちゃん達が作る、碁石地区ならではの郷土料理の味に興味を持ち、郷土料理を学びイベントなどで振舞うようになりました。

純一さんは昔から内に秘めた考えを実現しようと提案します。
凪のてらす仲_01
昔から故郷を盛り上げたいと考えていた純一さんは、海に面した地元の食材と和子さんの料理の腕をふるうレストランを開こうと決意しました。
凪のてらす仲_04
和子さんも地域を盛り上げたいという純一さんの熱意に負け、お店をオープンすることを決めました。
凪のてらす仲_05
そして建て替えに伴って自宅の一部をレストランにし、2015年3月「民家レストラン 凪のてらす 仲」が開店しました。
凪のてらす仲_03
お店では、和子さんが習ってきた地区の「味」を存分に楽しめる美味しい食事と、目の前に海が広がるロケーションが人気となました。

◆「凪のてらす仲」店舗情報
凪のてらす仲_06
粟島が浮かぶ日本海が目の前に広がる癒しの空間です。
凪のてらす仲_07
店内は時間がゆっくり流れる演出としてオルゴールのBGMが流れています。インテリアは、木の温かさと上品な家具、大きな窓、天井も高いので開放感バッチリです。
凪のてらす仲_11
沖合に金毘羅岩と粟島が浮かぶ日本海を眺めは絶景です。
凪のてらす仲_09
昼の「おまかせ膳」は1日14名限定で、お1人様「凪の膳」1,500円、「仲の膳」2,000円(各税込)。それぞれにコーヒー・デザート付き

旬の魚介を中心に地元食材を生かした家庭料理をゆったり楽めます。
凪のてらす仲_08
魚の煮付け&アスパラのきんぴら
凪のてらす仲_10
デザートは曜日によって違うようです。米粉ロールケーキも大人気!

民家レストラン・凪のてらす 仲
住所:新潟県村上市碁石47
電話:0254-77-3759
営業日:金・土・日
営業時間:11:30~14:30

※前日正午までにご予約ください。
人生の楽園0806_サムネイル
関連情報:人生の楽園~田舎のお宿 ぴっかり~[滋賀・東近江市]8/6放送
※当サイトは、番組の公式サイトではありません。実際の番組内容と異なる場合がございます。

One comment to this article

コメントを残す